中国などアジアの旅の思い出を写真を中心に綴ってみようと思います。。。 いわば想い出のアルバムです。
プロフィール

  ransyu

  • Author: ransyu
  • 中国旅行にときどき出かけます。
    ここには過去の旅行を
    思い出しながらアルバム
    のように作ります。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ





最近のコメント
最新の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
蜀の都・成都

「三国志」の劉備玄徳を中心とする蜀漢の都が置かれた成都。
天府の国として知られる物産豊かなところ。ピリッと辛い四川料理が
生み出され、錦織りの蜀錦や竹細工などが有名だ。

武候祠、杜甫草堂、都江堰(とこうえん)、二王廟、望江楼公園など
名所も多い。今回は竹がきれいだった杜甫草堂、望江楼公園と
街中の様子を紹介します。


まず杜甫草堂。唐の詩人・杜甫の旧居は市の西の郊外、浣花渓のほとりにある。
杜甫は一生、士官の思いを抱きながら、受け入れられず旅に明け暮れた詩人。
48歳のとき、ここに移り住み、友人の推薦で検校工部外郎という職についた。
旧友と酒を酌み詩を吟ずる日々を送った。しかしこの暮らしも長くは続かず、
再び放浪の旅に出て、59歳で没した。

草堂は竹をみごとに取り入れ幻想的な風景だった。


seito1







杜甫草堂の側で朝、干し葡萄を売っていた。

干し葡萄といえば産地はかなり遠いはず。何百キロ、何千キロも運んできたのだろうか。



成都に行ったのは1995年の11月。その頃の街の様子を紹介しよう。







街のはずれの野菜の露店。
日本より種類は豊富だ。



 


最後は望江楼公園。ここは唐の女流詩人ゆかりの公園。清朝初期に造られ、
園内には高さ30mの望江楼などがある。130種類に及ぶ竹も公園の名物。


 



望江楼公園の茶館で



↓これをクリックしていただけると、ありがたいんですが


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ  


スポンサーサイト

なんだか、やたらと建物の屋根ばかり注目してしまいます。
中国って、こういう古びた感じがいいですね。住んでいる人にとっては、余計なお世話かもしれませんが、写真好きとしては心をくすぐられます。
そしておじさんたちもまた、古びた感じ年長者としての風格が漂っていて、いいです。
【10.03】 URL // valvane #3un.pJ2M [編集] []
valvaneさん、中国の瓦は薄くて、日本瓦とはまた違った味わいがあっていいですね。
そうです、おじさんたちもまた写真写りがいいですね。
忙しい旅でなく、じっくり撮りたい、と思いました。
【10.04】 URL // ransyu #FYNxDbdY [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://ransyu.blog9.fc2.com/tb.php/24-a0b6c304
-
管理人の承認後に表示されます
【2010.04.20】 []


Pickup Link!

カテゴリー
calender












画像掲示板など・・

関連のブログ、画像掲示板などを ここに載せます。



日々の出来事など


ここに是非、写真を持ってきてください


♪BGM
©Plug-in by PRSU
RSSフィード
作者にメール

お名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

ブログ管理者に直接メールが届きます。

Copyright © 2005 Asian Memories All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。