中国などアジアの旅の思い出を写真を中心に綴ってみようと思います。。。 いわば想い出のアルバムです。
プロフィール

  ransyu

  • Author: ransyu
  • 中国旅行にときどき出かけます。
    ここには過去の旅行を
    思い出しながらアルバム
    のように作ります。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ





最近のコメント
最新の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
林東高原
2004年の9月、中国のフフホトー通遼間の高原地帯(日本列島がすっぽりおさまる程の規模)
に行った。 草原の美しさとかつて遼帝国の都があった林東高原が印象に残った。
旧都を見下ろす南塔は修復され、その眺めは素晴らしく、
塔そのものも、その丘のたたずまいも見事だった。

北京空港からフフホト(呼和浩特)空港へ、そして大板まで列車で12時間の旅から
始まった。


rinto1



大板からは車でいよいよ林東高原へ。


rinto13




rinto9




rinto6




rinto7



rinto8





rinto5









rinto11


この丘の上の塔が遼の都を見下ろす南塔です。 さらに近寄ると、、、





nantou3




nantou2




遼帝国を簡単に説明すると唐の末期、916年に独立し、金に滅ぼされるまで約210年ほど続いた、蒙古系契丹族の帝国。騎馬民族で仏教国。南塔はその仏教国のシンボルでもあった。

 実は林東高原という呼び名は勝手につけたもの。大板の市街を抜け林東(都跡はここにある)に向かうと、予想こえる高原風景が次々に展開し圧倒された。その素晴らしさに、この高原を大板ではなく林東高原と呼ぶことにしました。

さらに詳しくはこちらへ
http://tokyo.cool.ne.jp/ransyu/rintouindex.htm

スポンサーサイト

【2006.07.09】 林東高原
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
写真を順に見ていくと、自分でも列車にのって風景を眺めているように感じられます。縦横無尽にりんくされているようでいろいろ深く楽しめるようになっているんですんね。
 本館のほうの”秋という季節のないハルピン”・・・ほ~、そうなんだ・・・まだまだ、驚くことたくさん、だから旅はいいですよね。

【07.15】 URL // miriyun #- [編集] []
miriyunさん、リンク先もみていただいたようですね。暇な時期にいろいろ作りました。でも、なんかバラバラな感じなので、ここに見やすいアルバムのような形にまとっめようと思いましたが、今度は時間がありません(笑)うまくいきません。
【07.16】 URL // ransyu #FYNxDbdY [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://ransyu.blog9.fc2.com/tb.php/17-e6eefac9


Pickup Link!

カテゴリー
calender












画像掲示板など・・

関連のブログ、画像掲示板などを ここに載せます。



日々の出来事など


ここに是非、写真を持ってきてください


♪BGM
©Plug-in by PRSU
RSSフィード
作者にメール

お名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

ブログ管理者に直接メールが届きます。

Copyright © 2005 Asian Memories All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。