中国などアジアの旅の思い出を写真を中心に綴ってみようと思います。。。 いわば想い出のアルバムです。
プロフィール

  ransyu

  • Author: ransyu
  • 中国旅行にときどき出かけます。
    ここには過去の旅行を
    思い出しながらアルバム
    のように作ります。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ





最近のコメント
最新の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
大理

1998年5月に大理を訪れた。標高2000mを超える大理は夏でも涼しい高原の古都。8世紀に南詔国が誕生、10-13世紀に大理王国の都として栄えた。4100mの蒼山を背景に三塔寺の塔や城壁が映える。ペー(白)族が多く住む。 三塔寺は古城の西北の城外に聳える崇聖寺の三塔のことだが、通称三塔寺と呼ばれている。


三塔寺の遠景


dair05


dairi06


 


dairi07



dairi08



dairi09


大理古城の城門


dairi01



dairi02


大理の街並み


dairi03


じ海


古城の東に広がる湖。さんずいに耳の字に海と書く。耳の形をした湖。


dairi04


スポンサーサイト
【2006.07.30】 大理
TRACKBACK(0) // COMMENT(10) []
揚州運河

何年か前、揚州に行って来ました。宿舎の揚州賓館の目の前の運河(実際は本流?に繋がる水路)があり、乾隆帝が舟に乗り込んだ船着場もありました。その水路沿いに花鳥市場があり、朝からにぎわっていました。すがすがしい水辺の市場でした。


yousyut55




yosyut1



yosyut3


こんな観光用の小舟が走っている。


yosyut2



運河沿いには朝から花鳥市場がにぎわっていた。水辺ですがすがしい雰囲気だった。


yosyut7


yosyut11


【2006.07.23】 揚州運河
TRACKBACK(0) // COMMENT(9) []
林東高原
2004年の9月、中国のフフホトー通遼間の高原地帯(日本列島がすっぽりおさまる程の規模)
に行った。 草原の美しさとかつて遼帝国の都があった林東高原が印象に残った。
旧都を見下ろす南塔は修復され、その眺めは素晴らしく、
塔そのものも、その丘のたたずまいも見事だった。

北京空港からフフホト(呼和浩特)空港へ、そして大板まで列車で12時間の旅から
始まった。


rinto1



大板からは車でいよいよ林東高原へ。


rinto13




rinto9




rinto6




rinto7



rinto8





rinto5









rinto11


この丘の上の塔が遼の都を見下ろす南塔です。 さらに近寄ると、、、





nantou3




nantou2




遼帝国を簡単に説明すると唐の末期、916年に独立し、金に滅ぼされるまで約210年ほど続いた、蒙古系契丹族の帝国。騎馬民族で仏教国。南塔はその仏教国のシンボルでもあった。

 実は林東高原という呼び名は勝手につけたもの。大板の市街を抜け林東(都跡はここにある)に向かうと、予想こえる高原風景が次々に展開し圧倒された。その素晴らしさに、この高原を大板ではなく林東高原と呼ぶことにしました。

さらに詳しくはこちらへ
http://tokyo.cool.ne.jp/ransyu/rintouindex.htm


【2006.07.09】 林東高原
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
退思園(同里)
蘇州の周辺には明清古鎮といわれる小蘇州といった趣の水郷がいくつかあります。
 同里もその一つ、そして贅を尽くした邸宅が多いのも 水郷地帯の特色です。

同里の退思園は清代光緒年間に任蘭生という官僚が職を解かれたときに造った邸宅。
職を辞して反省する、という意味だそうです。豪華なすべての建物が
水に浮かぶように配置されている。

sosyu118k

sosyu115k

sosyu109k

sosyu113k

sosyu114k

sosyu116k

sosyu110k

sosyu107k

sosyu117k


蘇州の拙政園など観光客が多く少し埃っぽい感じがするが、

退思園はまだ観光客も少ないせいかきれいで精緻なたたずまいだ。

いままで見た邸宅の中では一番のおすすめです。



蘇州・同里(2)

2005年10月のはじめ蘇州とその南・約20kmの同里に行って来ました。


今回は船上からの眺めなど、もう少し蘇州・同里の水郷風景を


紹介してみましょう。舟の上からの眺めは視界も変化して


静かな揺れもあって、なかなかいいものです。


 sosyu51k


 
sosyu54k
v65k
sosyu49k
sosyu42k

sosyu95k
sosyu120k
sosyu126k




【2006.07.02】 蘇州・同里
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
| BLOG TOP |


Pickup Link!

カテゴリー
calender












画像掲示板など・・

関連のブログ、画像掲示板などを ここに載せます。



日々の出来事など


ここに是非、写真を持ってきてください


♪BGM
©Plug-in by PRSU
RSSフィード
作者にメール

お名前:
メールアドレス:
タイトル:
本文:

ブログ管理者に直接メールが届きます。

Copyright © 2005 Asian Memories All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。